読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティング、エバンジェリズム、ときどき旅。

ホントに自分がなりたいのはマーケターかエバンジェリストか、はたまた旅人なのかを徒然に書いていくブログです。

BD-1で500km! -- 自転車で行く東海道53次(その3)

旧宿場町の座標が乗った神マップを見つけて、ペースアップを図るDay4~。

静岡ロングライド

宿でいろいろと計算をしたのですが、この日は沼津から掛川まで行かないと、あとの工程が苦しくなる感じ。天気も良かったので、朝から積極的に飛ばします。マンホールの絵柄も、イイ感じ。

 

途中、史跡がない宿場町も座標図のおかげでスムースに到達。

 

午前中はすこぶる順調だったのですが、午後に入ってついにやってしまいました。

久々のパンク修理。この時、リアタイヤそのものの摩耗が結構キテることに気が付きました。チューブは替えを持っているものの、タイヤ本体は替えがないので、気を付けて走らないとパンクが頻発しそうな予感。

が、この日は結構距離を走らなければいけない日だったので、リアタイヤを気にしながらも先へ。富士川を渡ったあたりで、これまでの宿場町跡とはだいぶことなり、昔ながらの趣が残っているところが増えてきました。

お土産も充実。

賑わいも結構あります。

が、目標の掛川はなかなか近づかず。藤枝まできたところで、すっかり日が暮れてしまいました。

ここで、宿をとるのもありだったのですが、掛川にはドーミーインがあることが分かったので、当初の目的通り、そこまで足を延ばすことに。

が、予想外の夜の峠越え。街灯もなく真っ暗です。実はこの日、途中の自転車で電装品を新調してあったのですが、もしそうしていなかったらかなり厳しいナイトランになった可能性がありますね。でも、その装備をもってしてもこんな夜道に(笑)

10時頃にようやく掛川のドーミーインに到着。ここはまさかのガレージ付きの部屋(普段はペットづれのお客様用の部屋らしく、ガレージにはドッグランも)に当たって、自転車旅にはベストな環境。自転車をばらさずに持ち込めますので。

さっそくドーミーインおなじみの温泉にはいっていろいろ傷んだ体をメンテ。サドルがあたる部分がずいぶん痛くなっていたので(つまり股ずれですね)、ホントの温泉が出るドーミーインはとても助かります。

翌日も長距離を狙っているので、この日は早めに就寝。

ついに静岡を脱出!

この日(Day5)も長距離、ということで朝風呂にはいってから早々にスタート。この日のうちに静岡県を脱出して、名古屋に近づくのが目標です。

江戸から27番目の宿場、袋井宿で53次もついに折り返し。

天竜川を越えたところで、ウナギを補給しつつ、浜名湖へ。

浜名湖近くにも「関所」があるのを初めて知りました。

ちょっと天気が怪しくなってきたので、先を急ぎます。

そして、ついに静岡県を脱出! 長かったー。

今日の宿を豊川に決めてスパート。が、残念ながら宿直前でまたもやパンク。近くにあったショップで18インチのタイヤを探しますが、やはり見つからないので、通常のパンク修理のみで旅を続行することに。

悲報は続く

宿直前のパンクも割とへこむのですが、更に悲しい事態が。宿の部屋でパンク修理(交換したチューブの補修)をしていたとき、メガネを外して作業していたら、うっかり踏んでしまうという大失態。

さらに、豊橋にあった宿場跡をカメラに収めるのをスルーしていたことが判明。まさか神マップに落とし穴があるとは。

とりあえず、豊橋は写真は撮れていなかったけど、まさに本陣跡と一本脇の道を通過していたので、これでOKということにしました。メガネはアロンアルファで応急処置、先に進む道を選びます。明日は明日の風が吹く

ここまでの走行距離:約385km