読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティング、エバンジェリズム、ときどき旅。

ホントに自分がなりたいのはマーケターかエバンジェリストか、はたまた旅人なのかを徒然に書いていくブログです。

A Beautiful Sunday!

4月の最終日曜日はすばらしく爽やかな天気でした! そのうえ、GW中にもかかわらず渋滞もあまりなくバイク日和な1日。運よく、朝からバイクで出かける予定があったので、まる1日楽しんできました。まさにIt's a Beautiful Sunday!

 


ビューティフル・サンデー 田中星児 (1976)

箱根で朝練!

天気がここまで良くても、朝から出かけてないと1日満喫することは難しいわけですが、幸いにも「朝練」と称して、朝の箱根に走りに行く予定が入っていました。(ホントにラッキー!)

というわけで、朝の6:30には家をスタート。東名横浜青葉ICから圏央道西湘バイパス方面へ抜けるルートで集合場所のターンパイク入口へ。天気がいい日は小田厚経由より、断然西湘バイパス経由が気持ちいいです。

西湘バイパスに入ると、朝日が輝く海を左手に走ります。今日は特にいい塩梅でした。

f:id:hide69oz:20170430220122j:plain

 最近、バイクにアクションカメラを付けて色々試してみているのですが、今回初めて「後ろ向き」に設置してみました。

 こんな感じ。

f:id:hide69oz:20170430221825j:plain

試し撮りで、西湘PAからターンパイク入口まで撮ってみました。結構面白い絵になります。今度大人数で走る時に使ってみると楽しそう。


西湘PA~ターンパイク入口(編集版)

待ち合わせ場所では、既に朝練メンバーが待ってました。BMW×3、DUCATI×1の4台で大観山を目指します。

f:id:hide69oz:20170430231439j:plain

よくあるターンパイクをそのまま上がるコースではなく、一旦国道に降りて、そこから旧国道一号線で駆け上がるルートが、今回の朝練コースです。

ちなみに、昨年に東海道53次を自転車で走破したのですが、その時の箱根越えのコースがまさにこの旧国道一号。自転車の時は数時間かけて上ったルートを十数分で駆け上がります。ここはタイトコーナーが多いので、「練習」するには確かにいいコースです。加重を意識しながら(意識だけで、ちゃんとできていたわけではない)大観山まで上がると、芦ノ湖越しにキレイな富士山が!

f:id:hide69oz:20170430224327j:plain

ここで富士山を眺めながらの贅沢なコーヒータイムです。で、話題はもちろん新型バイクについて。最近バイク買い換えたばかりの人が多いのに、もう次のバイク選びのハナシになってしまうところは、オトコはいつまでたっても成長しませんね。

一路、富士スピードウェイ

さて、この日の朝練コースは大観山で一旦終了。このあとは、朝練組と別れて、富士スピードウェイを目指します。というのは、雑誌のモーターファン主催のイベント:モーターファンフェスタ富士スピードウェイで開催しているので、これに寄ってから帰ろうというプランです。

f:id:hide69oz:20170430231956j:plain

国内外メーカーのクルマやバイクの展示だけでなく、ピットウォークやデモランも見られるという盛り沢山なイベントなのに、なんと入場料無料(!!)という太っ腹企画。

カリキュラム自体は、昨年秋に鈴鹿まで見に行ったSound of Engineとも似た構成ですね。

stilldayone.hatenablog.jp

 あちらは内容ももっと豪華ではありますが、チケット代もそれなりにします。。。 ので、コスパ的にはこちらのイベントが圧倒してる感じです。

富士スピードウェイまでは、大観山からだと芦ノ湖スカイライン経由で、富士山の雄大な姿を眺めながら走れる快走路ですね。途中で何度か富士山をバックにパチリ。

f:id:hide69oz:20170430230403j:plain

f:id:hide69oz:20170430230435j:plain

のんびり走っても、11時頃には富士スピードウェイに到着するゆとりの行程です。

富士スピードウェイからも、その名にふさわしく雄大な富士山が。

f:id:hide69oz:20170430235442j:plain

サーキットの休日

到着早々、知り合いにばったりと。家族連れでいらっしゃってましたが、クルマ好きのお子さんがいる家庭にはうってつけのイベントですねー。

日本はモータースポーツは永らく眉をひそめて見られる世界だった時期が長かったように思います。バイクも「三ナイ運動」とかありましたし。国内ではバイクが売れなくなって久しいですが、マーケット創造と真逆の施策が行われていたらこうなるのも当たり前ですよね。

逆に、子供のころからこうやって休日にサーキットに連れてこられると、市場的にも変わってくるように思いますね。ピットウォークでは、F1から昔のツーリングカーまで見られますし、実際のレースカーの音やスピードを体感するのは、子供にはすごく面白い経験になるかと。市販車のアピールの場としてももちろん効果的なので、子供へのブランド訴求にもいい場であることは間違いなし。この手のイベントはどうしてもクルママニアの比率が高くなりますが、「家族で来れる休日イベント」としてプロモーションしたほうがいいんじゃないかな、とも。

f:id:hide69oz:20170430234842j:plain

f:id:hide69oz:20170430234905j:plain

f:id:hide69oz:20170430234939j:plain

来年も同じイベントがあるようだったら、ウチも家族で行ってみたいなと思いました。あと、こんなサーキットが、都心から1時間ちょっとでいける、というのも東京は恵まれたロケーションですね。

会場では、国産各メーカーによるバイクの試乗会も。ここでも、知り合いが噂のヤマハ・トリシティを試乗してました。乗った感想だと3輪という感じはなく、まったくの2輪車のハンドリングのようですね。これでもっと排気量が大きい+DCTなモデルが出るとツーリングによさそうな気がしますね。「断念ライダー」もうまく取り込める商品になるのではと思います。

f:id:hide69oz:20170430233545j:plain

写真は試乗車なのに、トリシティの限界を探って車体を傾けている知り合いの図。

帰りは久々の道志みち

さて、渋滞が始まる前に帰ることにします。時間優先なら、このまま高速にのるのが定番ですが、富士山があまりにもキレイだったので、山中湖経由で、道志みちから帰ることにしました。考えてみたら、道志みちを走るのは5年ぶり位かも。

山中湖側からの富士山もいい感じです。

f:id:hide69oz:20170501000421j:plain

道志みちもそんなに混まずに、適度に流せるペースで、朝練後のクールダウンにはいい感じ。そのまま圏央道~東名で、横浜青葉ICまで戻ってきました。帰りに宮ケ瀬湖まで入れてたら完璧だった気もしますが、もう少し走りたい位がちょうどいいですね。

ルートはこんな感じ。

f:id:hide69oz:20170501081744p:plain

ざっくり200kmちょっと。早起きのおかげで、走りも、景色も、モータースポーツも満喫な休日になりましたよ。次はツインリンクもてぎあたりにも行ってみたいですね。