マーケティング、エバンジェリズム、ときどき旅。

ホントに自分がなりたいのはマーケターかエバンジェリストか、はたまた旅人なのかを徒然に書いていくブログです。

日本のサマータイム導入は誰得?

オリンピックにリンクすると、なんでも通ると思っているのか、急に降ってわいた(ように見える)サマータイム騒動。自分的には、かなり「スジが悪い」と思っている施策なのですが、NHK世論調査等をみると、現時点(2018年8月13日)では必ずしもそうではない人も多いようです。なので、なぜサマータイムは「スジが悪い」と思っているのか、整理して書いてみます。

f:id:hide69oz:20180813174015j:plain

夏だけではない、海外の「サマータイム

まず、ファクトとして世界ではどのようにサマータイムが運用されているのか整理しておきます。

アメリカではサマータイム(Summer Time) とは呼ばず、Daylight Saving (DST)と呼ぶように、日照時間を有効に使おう、というものです。もともとはベンジャミン・フランクリンが提唱し、第二次世界大戦中に本格導入されて現在に至るわけですが、導入の主目的は省エネ、ということでした。(電気をつけて活動する時間を減らそう、という意図)

ヨーロッパではSummer Timeと表記することが多いようですが、アメリカと同様に日照時間の節約、が主目的です。その証拠にアメリカもヨーロッパも適用期間が3月末から10月末と長い(南半球では10月~4月 ※ブラジルは~2月)ということで、今回日本で言われる「暑さ」対策とは出発点が異なっています。はた目から見るとDSTの期間のほうが長いので、コチラを標準時にしても良いのでは、と思うくらいですね。

この辺りの情報は下記のサイトにもまとまっているので、ご参考までに。

サマータイムについて

実際、サマータイム期間中にアメリカに出張したりすると、仕事の後も外が明るくて、同僚と食事に行ったりしたときにもQuality of Lifeを感じたりするわけですが、これは大体の業務が18:00頃に終わるという海外の終業時間状況を考慮しないわけにはいきません。

もし、日本で同じ状況になるためには、サマータイム導入前に18:00や19:00に仕事が終わる習慣ができないといけないわけですが、これは今回のサマータイム導入とは連動しないお話ですね。 

薄すぎるサマータイム導入メリット

意外にも、日本でもサマータイム導入は何度か試みられたことがありますが、いずれも定着せずに廃止、または法案提出に至らずとなっています。

平成に入ってからの省エネを目的にしているわけですが、その効果についてはなかなかメリットを証明できておらず、結果的に法案提出にさえ至っていません。先ほどの サマータイムについて の中にも、下記の記載があります。

最近、東日本大震災と福島第1原子力発電所の事故に伴う電力不足の関係で、サマータイムの効果について2つの試算が公表されています。一つは、電力中央研究所の今中健雄主任研究員によるもので、「サマータイム」の需要削減効果は薄く、7月の平日に2時間営業を早めても削減効果は62万キロワット、8月の平日に2時間早めても88万キロワッ トと試算しており、休日シフトの5分の1程度となっています。もう一つは、産業技術総合研究所の研究員によるもので、サマータイムにより、すべての人々が生活時間を1時間前倒しすると、14時の電力需要が抑えられる一方、帰宅によって16時に家庭での電力需要が増加し、業務と住宅を合計した最大電力需要は引き上げられる可能性があるという試算になっています。2つの試算ともに、サマータイムについては、電力需要に関して、あまり効果がないという結論でした。

経済的なメリット(省エネ、消費額向上の双方)が不明確、また国民自身から導入の機運が高まっていないところを見ると、そもそもサマータイム導入のメリット自体が疑わしいです。次項にデメリットについても挙げてはいますが、そもそもメリットが薄すぎるのでは?

考えられるデメリット

一方で、デメリットについては下記の内容が挙げられます。

<健康問題>

まず、夏の2か月だけ、「実質2時間早起き」を強要するのは、生活リズムに大きな変化をもたらします。特に子どもには影響が大きいかと。受験生を抱える親御さんの気持ちとしては「やめてくれ!」というのが共通した思いではないでしょうか? この時期にリズムを崩してしまうのは、いい事一つもありません。

2012年に日本睡眠学会がまとめているこちらのレポートを読むと、より広範囲は健康問題について理解することができます。せひ読んでみてください。

f:id:hide69oz:20180813174626p:plain

http://www.jssr.jp/data/pdf/summertime_20120315.pdf

ちなみに、このレポートでまとめられている健康問題は「1時間」のサマータイム実施での想定です。今回報道されている通り、「2時間」の時間変更の場合、影響度合いはもっと大きくなります。

 

<「お試し」するには高すぎるシステムの移行コスト>

サマータイム導入に肯定的な人のブログなどや論調などをいくつか読んでみましたが、皆さんシステム移行に関するコストについては、少し楽観過ぎると感じます。

blogos.com

news.yahoo.co.jp

お手元のPCの時間設定を直すだけ、と思っている方も多いと思いますが、それほど簡単な仕組みでは世の中動いていません。ピタゴラスイッチ的に連携しているシステムの途中に2~3個「対応不可」や「うっかり設定もれ」があっただけで大混乱です。

で、これを完璧にやり遂げたとして(無理ですけど)、そのコストに見合うメリットがホントにあるんでしょうか? その結果出現するのは、2時間時間が前倒しされた以外、ほとんど状況の変わらない世界=生産性も変わらない世界です。

海外ではサマータイムに各種システムが対応できているではないか、という人もたまに見かけますが、そもそもITでシステムが構築される前から、サマータイムが実施されている国のシステムと比べても意味がありません。日本ではシステム設計時にサマータイム的な要素は考慮がなされていないものが多数を占めるわけですから。

バックデータについては少々ざっくりしていますが、システム移行にかかるコストについては立命館大学の上原教授によるスライドも参考になるかと。主要インフラの対応だけで、約3,000億円と見積もられています。

www.slideshare.net

 

<ITの経済効果≒機会損失>

このシステム移行の費用なども含めて、「経済効果」とみなす人もいるようです。たしかにシステム移行コストを誰かが負担する、ということになれば請負側にとっては「経済効果」と言えなくもないですが、その結果は前述した通り生産性が大きく変わるものにはなりません。このコストを本当に生産性向上することに投資したほうが、よほど前向きな施策ではないでしょうか? 予算もIT人材も不足気味な中でサマータイム対策でIT投資がかさむほど、他の成長機会の損失になるということです、つまりサマータイムは、全体のパイを大きくする特需とはならないばかりでなく、多くの成長機会もつぶしてしまう事になりかねません。

 

<東京以外の地域への影響>

緯度が高く、標準時の経度よりずっと東に位置している北海道東部エリアなどは、サマータイムの時間と実際の日照時間が釣り合ってよさそうに見えますが、西日本や九州、沖縄ではデメリットのほうが多くなると思います。沖縄に至っては8月の日の出時刻が6:00am位なので、2時間のサマータイム実施になると、夏にも関わらず日の出が8:00am 位になるわけです。これってあまりいい状況ではないですねー。もちろん暑い時間の行動時間が長くなりますので、電力消費は上がるはずです。

サマータイムごっこ」をやってる場合か?

今の日本は、人口減少により不可避な「国内経済の縮小」、「限界地方都市の加速的な増加」、「移民、越境ビジネスへの対応」といった待ったなしのアジェンダが目白押しです。そんななか、この導入効果の薄い、そしてコストのかさむサマータイム導入を議論している余裕があるのでしょうか? 

もっと大きなアジェンダが山積みで、納税者としてはこちらに対応してくれる政党、政治家に活躍してほしい気持ちでいっぱいです。超党派サマータイムを推進するという動きもあるようですが、そのメンバーは全員大局が見えてないと、納税者としては思わざるを得ません、これは私だけが思うことではなく、多くの納税者の方が同感なのではないでしょうか? そうであれば、サマータイムを推しても票にはつながらないということをもっとはっきり伝える必要がありそうです。

誰が何のためにサマータイムを推しているのか?

私が考える限り、サマータイムを押して得する人は凄く少ないと思いますが、報道や過去の事実で把握する限り表に見える推進者は、

・五輪組織員会

のみのように見えます。ここに(なぜか)サマータイムを推進したい国会議員の方がいるという構図なのかもしれません。

経団連

も、2012年に自民党サマータイムを申し入れた事実ありますので、全体としては肯定派と考えても良いでしょう。ただし、今回は表立って起案側にいるわけでは無いようにも見えます。ただ、どうしてもわからないのが「何のため」に推進したいのか、というところです。報道にあるようにオリンピックのマラソンの出走時間云々であれば、出走時間のみ調整すればいい話です。誰かが言ってましたが、東京で行うのが気温的に問題あるなら、北海道とかで走ってもいいはずです。逆に、「東京オリンピック」なのに、なぜ北海道や沖縄も含めた日本中の時間をいじる必要があるのか? で、このオリンピック問題を除けば、今、このタイミングで、サマータイムを導入して誰が得するのか、本当に不思議です、

一方、世論にもサマータイム導入に肯定的な人が意外と多いようで、NHKの調査によると過半数の人がサマータイム賛成とのこと。

この数字は、きちんと受け止める必要がありますが、おそらく導入に関わるコストや東京以外の地域の混乱について、きちんと理解していないだけではないかと想像します。「なんとなく」面白そうな話のように思っているのかもしれませんが、それに伴い支払わなければいけない負のコストがきちんと説明されていないというのは健全な状況ではありませんね。

で、この不健全な状況が変わらなければ、「サマータイムを世論が支持している」というシグナルに感じてしまうと、この流れに乗ろうとする団体や議員がどんどん出てくるかもしれません。私としては、前述してきた通りそれは避けたいなと思うわけです。

サマータイム導入で「日本の残り時間」を浪費しないためにできること

もし、皆さんが私と同じようにサマータイム導入は良い施策ではないと考えるのであれば、上記の人たちに正しいシグナルを送るのが重要かと。経済関連の人には「労多くして益少なし」、政治家には「票にはつながらない」、そして一般の周りの人たちには「大事な問題が先送りされる」ってことを伝えるのが大事ですね。ということで、そんな皆さんにできそうな次の一歩について、下記にまとめておきます。特に個人についてはどれも簡単にできること、です。

<個人ができること>

  • 周りの人に話す:ぜひご家族や周りの同僚になぜ不合理なのかお話してみてください。

  • コメントを政党に送る:例えば自民党でしたら下記のサイトから意見を送れます。
    自民党へのご意見 | ご意見・ご質問 | 自由民主党
    ※ただし、タイトルが過去に誰かが書いたタイトルと同じだと「既に投稿されています」というエラーが出る謎仕様(笑)です。「サマータイムについて」とか書くと間違いなくエラーになるので、そのあとに日付やイニシャルでもつけてユニークなタイトルにするようにしてください。

  • ツイート、ソーシャルで意思表示する: 今のところ #サマータイム反対 というハッシュタグが一番ポピュラーなようです

<団体ができること>

  • 複数会社が連名で意思表示する:特にスタートアップ界隈や、IT関連の団体が声を上げるのが世間から見つけられやすいと思います。政治的なメッセージはどうも、、、と思う方もいらっしゃるかと思いますが、これは生活に直結する話なので、十分声を上げるのに値する話かと。

  • 業界団体で意思表示する:経団連以外のどこか。。。

数年前と違い、ソーシャルの進展により、皆が考えていることを束ねて意思表示することができる時代になりました。これは社会のためにならない、と思うことがあればぜひ一歩行動してみてはいかがでしょう?

私としては、身の回りにある沢山の電波時計が役立たずにならないのを願っています。

f:id:hide69oz:20180813222311j:plain

  

総走行距離2,500km -- テレワーク・デイズを北海道で試す

7月23日(月)~27日(金)は、「テレワーク・デイズ」と称して、全国的にテレワーク(ってなんかなじまないですねー。リモートワークと書きたい)を推奨する運動がありました。この日程をを含め、10日間ほど北海道にいる予定になっていたので、勝手に「テレワーク・デイズ」を実践してみたので、ログ的にまとめておきます。

テレワーク・デイズとは

昨今の「働き方改革」の流れの運動だと思っていたのですが、トリガーとしてはオリンピック対策のようですね。詳細はこちらに。

teleworkdays.jp

サイトを見ると、総務省厚生労働省経済産業省国土交通省内閣官房内閣府とかなり広範な組織が音頭取りになっています。昨今のサマータイム騒動でも感じるのですが「東京」オリンピックがトリガーのことを、なぜ全国に展開しようとするのか理解に苦しむところもありますが、リモートワークが普遍的になるのは良い事かなと思います。ただし、リモートワークを全員に強いるのは、あまり健全な働き方ではないのではとも思っています。昨年のJAWS DAYSで、倉貫さん、古賀さん、大石さん等とパネルディスカッションさせていただいた時も強く感じたところですね。

stilldayone.hatenablog.jp

全員がリモートワークをする必要はないが、リモートワークを希望する社員がいる場合は対応可能になっていることが、で今後多様な労働力を「確保しなければならない」企業には必要な要素だと思います。

テレワーク(リモートワーク)ログ

以下に、今回のログを日ごとにまとめておきます。

Day1:7月20日(金)

リモートワーク初日はテレワーク・デイズ前週の7月20日・金曜日からスタート、まずは札幌で開催された #JBUG に参戦です。ヌーラボの誇るプロマネツール、Backlogのユーザーコミュニティの札幌でのキックオフミートアップ、でした。

togetter.com

最後はススキノで〆。次回の #JBUG 札幌は10月開催予定です!

 

Day2:7月21日(土)

チェックアウト遅めのホテルだったので、朝はホテルで一仕事。いつものことですがホテルのWi-fiの遅さが気になり始めました。このままだとWeb会議のときにパフォーマンスが落ちるのは間違いなし、ということで有線LAN接続を多用するように。

この日は札幌のエコモットの皆さんとのキャンプ予定だったので、午後は仕事なしで移動。何気に、北海道では初テント、でした。

 

Day3:7月22日(日)

アサイチで、一時間ほどのテレカンでした。キャンプ場でもスマホ一つでミーティングできるとはいい時代になりました。電源問題も、今どきのバイクは電源ソケットを使っての充電もOK。が、この時にかなりパケットを使ったようで、あとでデータチャージする羽目に。

この日のリモートワークはこれまで。ルート確認して襟裳岬~帯広経由で、札幌戻りのコース。Google Mapsもいいけれど、紙の地図は雰囲気でますねー。

f:id:hide69oz:20180812185845j:plain

 

Day4:7月23日(月)

全国的には、この日がテレワーク・デイズの初日=Day1。前日入りした札幌のホテルでランチ以外は外に出ずにリモートワーク。テレカンが多いと、やはりホテルの部屋のほうが室外よりも楽ですね。せっかくホテルにいるので洗濯もこなします。

夜は、札幌で早くも3回目となる #CMC_Meetup 。この日も200近いツイートをいただく熱気ぶり。どのセッションも北海道での皆さんの実践に基づいた示唆に富むお話(しくじりネタもあり)でよかったですが、とりわけ最後のNPOの方のお話が非ITでもコミュニティマーケティングが効果あることを証明してくれたように思います。当日の模様は、コチラのツイートまとめで。

togetter.com

Day5:7月24日(火)

この日は、バイク初ツーリングが北海道(!)な友人と苫小牧で落ち合って、日勝峠を超えての帯広行きの行程。ホテルがレイトチェックアウトだったので、できる範囲の作業をホテルで終えてから苫小牧港へ。昼過ぎにフェリーターミナルでハーレーな友人と合流。

f:id:hide69oz:20180812191840j:plain

ここから日勝峠を目指します。

日勝峠手前でGS休憩しているところで、たまたま北海道に来ていた別の友人が近くにいることがわかり合流。お互いの位置がわかるFacebookっていろいろと凄いですね。

f:id:hide69oz:20180812192105j:plain

ここから、3台揃って日勝峠へ。2年前の大雨の爪痕がまだまだ残るルートですが、道路はほぼ完全復旧している感じで、峠越えながらハイペースで走れるコース。

日勝峠の展望エリアでは、雲と山の合間から日が差す、幻想的な風景も。

f:id:hide69oz:20180812192647j:plain

そんな景色をバックに、ここでテレカンに入らなければいけない友人1名を残して、2名先行で帯広へ。

f:id:hide69oz:20180812192830j:plain

こんな峠でもテレカンできる、今のモバイルネットワークはすごい(けど、逃げられないですね)。

帯広では、十勝ハーブ牛で有名なノベルズグループの情シス担当の方から、最新の農業×IT動向についてお伺いする食事会。実際に話を聞くと、特にIoT周りの運用の難しさも聞けてすごく理解が深まりました。また、牧畜の現場がこれだけIT導入に前向きなのも、実際に当事者から聞くと迫力がありますね。これも現場に行く醍醐味。

Day6:7月25日(水)

水曜日は、ほかの友人たちはバイクでそれぞれの目的地へ。私は翌日が日中テレカン三昧&夜は札幌でミートアップなので、この日のうちに札幌のホテルに戻るのが主な行程。お昼ごろにテレカンが一つあるだけのゆとりのスケジュールのはずでしたが、、、 なんと目的のSAが工事中でテレカンできるスペース確保ができず、あわてて高速出口まで移動。

Hangoutも遅延なく良好な環境。が、ここでまたデータが枯渇してチャージする羽目に。

ホテルに着く前に、家電量販店に立ち寄ってHDMIケーブルと巻き取り可能な有線LANケーブルを調達。これで有線LAN環境も盤石(ホテルによっては備え付けのケーブルが短かったり、ツメが折れたりしている)ですし、ホテルの液晶テレビをPCのセカンドモニターとして活用可能に。

Day7:7月26日(木)

朝から、ホテルのTVをモニターにしてテレカン。何気に音がTVのスピーカーを使うので臨場感出ますね。この日公開になったYouTubeコンテンツもチェックしましたが、TV画面で自分を見るとやはり気恥ずかしい。

f:id:hide69oz:20180813102745j:plain

夕方にホテルを出て、市内のミートアップ会場に。今回はNECソリューションイノベータさんのご協力で、カフェ仕様なおしゃれ会場での #JP_Stripes 札幌 Vol.2

togetter.com

セッション後半には、根室まで足を延ばしていたはずのバイク乗りの友人が、ヘルメットで乱入セッションをするなど。今回も盛りだくさんの内容。

最後はススキノのいそのかづおで〆ました!

f:id:hide69oz:20180813104831j:plain

Day8:7月27日(金)

この日もレイトチェックアウトを利用して、朝だけ3時間ほどリモートワーク。相変わらず有線LAN最強です。

昼ごろにホテル出発して、札幌から中山峠、ニセコを回って、牡蠣小屋経由しての追分ソーランラインで夕陽を見つつ、函館に滑り込む下道オンリーの行程。このルートは走りごたえありましたが、函館についた時の満月が素晴らしかったですねー。ただ、スマホだとその美しさが撮れないのが残念。

Day9:7月28日(土)

函館から大間までフェリーで渡り、下北半島の大きさを堪能する行程。なので、リモートワークはフェリーの中のみ。Wifi&電源完備でテーブルもあり、結構と快適でした。

 

フェリーはネットワークさえつながれば、いい仕事環境になりますよね。とはいえ長距離フェリーは陸地からの距離もあり、4G/3G回線がつかみにくいので、ぜんぶフェリー側でWifi完備にしてほしいところ。

フェリー到着後は大間のマグロを堪能して、本州最北端で記念撮影からの恐山、その後尻屋崎で寒立馬に会いつつ、三沢を抜けて高速へ。ホントは盛岡あたりで投宿したかったのですが、宿が全然なくて北上まで足を延ばしての宿確保。でも、冷麺はちゃんと押さえておきました。

 

f:id:hide69oz:20180813111016j:plain

Day10:7月29日(日)

朝、チェックアウトギリギリまでホテルでリモートワークしてから出発。ちなみにギリギリまで書いていたのはこちらの月報でした。次回こそ、もっと早く書こう。

stilldayone.hatenablog.jp

この日は横浜に帰るだけですが、どうしても見ておきたかった陸前高田方面へ。見た人も多いと思いますが、1棟残された団地の残骸と、奇跡の一本松は訴えかけてくるものがありますね。

f:id:hide69oz:20180813112348j:plain

https://www.instagram.com/p/BlzPEkYBK7h/

The Ipponmatsu.

陸前高田からは仙台方面へ抜けて、フクイチ横を抜けて常磐道で都内へ。

途中、友人のパニガーレV4の出迎えを受けるというサプライズで今回の旅も終了。ちなみにちょっと試乗させてもらったパニガーレV4はウルトラスムースなバイクでした。峠で乗るとこれはかなり早く走れそう。後ろのKTMと比べると、そのコンパクトさが際立ちます。

f:id:hide69oz:20180813112609j:plain

そのままランデブー走行で、首都高をナイトランしつつ東名川崎インターまで。というわけで、走行距離約2,500kmでの自分的テレワーク・デイズは無事終了しました。

まとめ:バイク旅でのリモートワークは現実的か?

仕事量にもよりますが、可能だと思います。ホテルカンズメ日は全く問題ないですが、移動主体の日も3~4時間は作業時間を確保できます。もちろん、寝る時間を削ればもっとできますが、それは旅の楽しさをスポイルするので意味がないように思います。

なので、バイク旅の間の仕事を3~4時間にセーブできる #半分仕事 モードが可能であれば十分アリですね。

最後に、今回のバイク旅でのテレワーク・デイズにおける個人的な学びを書いておきます。

  • ホテルでのリモートワークは朝にすべし:夜より朝のほうがチェックアウト時間まで集中できるので効率的(特に朝風呂あとはやる気スイッチが入りやすい)
  • 日中はスマホへの依存度高し:防水対策した梱包からのPCの取り出しが面倒なので、道中はスマホでできる範囲しか仕事は難しい。道中は電話でも済むぐらいのライトなミーティングにするか、先方の期待値調整をしておくことが無難
  • 有線LAN最強:ホテルは有線LANのほうがパフォーマンスが安定しやすいのは、どこのホテルでもほぼ同じ傾向。LANケーブルを携行しましょう
  • データプランの見直し:スマホでの直接のテレカンや、場所によってはテザリングも多用するので、場合のよってはデータプランは見直し必要
  • Google Hangouts Meet、Facebookメッセンジャー、Zoomで違いなし:テレカン環境はいろいろ試しましたが、どれも遜色なく使えますね。ネットワークがそこそこちゃんとしていれば、どのツールを使っても問題なさそう
  • HDMIでホテルテレビを2ndモニターに:最近のホテルのテレビは必ずHDMI接続があるので、HDMIケーブを携行しましょう
  • 屋外テレカン対策必要:屋外でのテレカンをもっと快適にする装備が必要(PCを使わずに簡単にできる方法)

というわけで、次回のバイク旅&リモートワークな日程を検討中です。

 

 

 

パラレルキャリア月報 -- Jun 2018

6月のパラレルキャリア月報です。例によってインターナルやクローズドなセッション等は基本抜いています。

6月は名古屋でミートアップ(JP_Stripes, JAWS-UG, ABEJA Cloud AI Night)が続いて、そこにもバイク出張してきました。空いた日程の夜に、中京エリアでのナイトランの定番・四日市コンビナートの夜景も見に行きましたよ。この機動力の高さ、バイク出張万歳! ガイドいただいたMISOCA・松本さん(BMW R1200RS乗り)、ありがとうございます。

f:id:hide69oz:20180729092117j:plain

 そうそう、名古屋では初スガキヤも。

f:id:hide69oz:20180730084134j:plain

サマリー

前述の名古屋出張以外は、6月は出張がなく、珍しく移動が少なかった月だといえます。8月以降のセミナーやイベントの仕込みが多かった時期かと思います。あとは、コミュニティマーケティングとカスタマーサクセスの関係について、いろいろと考えがまとまった時期でもあります。特にサブスクリプションビジネスには、コミュ二ティマーケティングとカスタマーサクセスはすごく相性が良い施策といえます。自分がかかわっているビジネスでも、この両輪をうまく回すモデルを確立したいですね。

自分なりの考えを書いたブログはこれです。この分野にご興味ある方はご一読いただければと。

stilldayone.hatenablog.jp

あとは会社の申告時期ということもあり、税理士さんとのやりとりも結構ありました。税制にいろいろ詳しくなるのは面白いのですが、不思議に思うことも多いですよね。このあたりはどこかでブログにまとめたいですが、一つ言えるのは税関係の申告すると。選挙に行きたくなるという因果関係。会社員のひとも、きっと確定申告するといろいろと見えてくることがあると思いますよ。おススメします

登壇ログ

6月の登壇ログはコチラ

日経クロストレンドフォーラム (6/18) [ABEJA]
「AmazonGoの衝撃」について、オイシックスドット大地 執行役員の奥谷孝司さん、リノシス代表取締役 神谷勇樹さんといっしょにパネルでお話する内容だったのですが、内容的には結構踏み込んで話をしたつもりにもかかわらず、会場でAmazonGoに衝撃を受けた人が2名しか手が上がらなかった敗戦案件です(笑)。

f:id:hide69oz:20180730080913p:plain

奥谷さん、神谷さんとどこかでリベンジ戦やりたいですねー。

内容のまとめはこちらを。

trend.nikkeibp.co.jp

JP_Stripes 名古屋キックオフ(6/19) [Stripe]

名古屋で初のJP_Stripes。初回にも関わらず、司会などもすべてコミュニティの方が進めてくれて安定の運営でした! 次は9月くらいにやりたいですね。

当日の模様はコチラのツイートまとめで。

togetter.com

 

ABEJA Cloud AI Night  名古屋 #2 (6/22) [ABEJA]

名古屋では2回目となる、ABEJA Cloud AI Night。今回は米国サンノゼでのGTC2018レポート(お土産付き!)や、ABEJA SIXでも登壇いただいた武蔵精密さんの登壇もあり、なかなか豪華なラインナップでした。

 

 

おまけ:某社向けクラウド説明 (6/27) [Still Day One]

なりゆきで引き受けてしまったいわゆる初心者向けクラウド勉強会。ほとんどの時間は「都市伝説対策」です。オーディエンスは弁護士関係者主体だったのですが、だいたい都市伝説を信じていらっしゃったようで、世の中の理解がまだまだってことを痛感した次第です。AWS、MS、Googleのメガクラウドの方々には、ぜひ都市伝説撲滅を強くお願いしたいところです。

当日の資料(かなり初級編です)はコチラ

www.slideshare.net

番外編:You are what you eat :-)

市ヶ谷にて

f:id:hide69oz:20180730083816j:plain

目黒にて(椿華亭)

f:id:hide69oz:20180730083856j:plain

麻布十番にて

f:id:hide69oz:20180730083920j:plain

名古屋にて(山本屋総本家)

f:id:hide69oz:20180730083958j:plain

名古屋にて

f:id:hide69oz:20180730084051j:plain

房総にて

f:id:hide69oz:20180730084021j:plain

 

 

 

スパイダーF3 で巡るオキナワの休日(次はオープンカーで)

沖縄で仕事があったついでに、一日延泊してかねてより気になっていたトライク(3輪車)・スパイダーで沖縄路を走ってきました。百聞は一見にしかず、ということで乗ってみてわかったこと、感じたことを書いておきます。

地方出張+レンタルバイクのススメ

仕事先でレンタルバイクを借りる、というスタイルはAWS在籍時から結構やっていまして、ブログにも書いたことが。

stilldayone.hatenablog.jp

で、比較的よく使うのが「レンタル819」という全国チェーンのサービス。

www.rental819.com

会員登録しておけば、同Webサイトから全国のチェーン店(運営は地場のバイクショップがやっているので、店舗数も用意されているバイク車種も結構多いです)でのバイクレンタルが可能。ヘルメットもレンタルできるので手ぶらで行っても大丈夫、です。特にバイクは天候が快適性を左右するので、直前まで様子を見ることが多いのですが、その意味でもこのWeb予約システムと全国チェーンの店舗ネットワークはありがたいですね、
で、時々どんなバイクがレンタル可能なのかネットサーフィン的に見ることがあるのですが、そこで見つけたのがコレ

www.rental819.com

f:id:hide69oz:20180709060904p:plain


一度乗ってみたいと思っていたスパイダーが沖縄にあるではないですか。というわけで、いつか沖縄に行ったときに借りようと決めていたのですが、今回ついにそのタイミングが!

宅配3輪バイクとは大違い

仕事明けの土曜日、心配していた天気も問題なく朝から夏模様、ということでスパイダーのレンタル予約をしていたお店で初対面。想像よりかなり大柄です。

f:id:hide69oz:20180709073628j:plain

車と比べてもこんな感じ。

f:id:hide69oz:20180709061759j:plain


初めてのスパイダーということで、乗車前にいろいろとレクチャーを受けます。実は学生時代(30年前!)に宅配お好み焼きのバイトで3輪バイクに乗っていたことがあり、勝手にスパイダーも操作系は宅配3輪バイク的と思っていたのですが、レイアウト(前1輪 後2輪 → 前2輪 後1輪)以外にもいくつか独特なものがあります。

まずはブレーキ。フットブレーキのみで、ハンドルにはブレーキレバーがありません。前後連動ブレーキなのでフットペダルだけというのは合理的ではありますが、とっさの時にブレーキレバーを探してしまうことが結構ありました。これは慣れが必要。(お店の人の話では、オプションでブレーキレバーをつけることもできるようです)
ミッションはセミオートマです。左側のシフター(MTBのラピッドファイヤーシステムに似ています)でギア選択しますが、減速時のみオートで(ブリッピングしながら)シフトダウンしていきます。これはラクチン。

車体が結構重いので、車庫入れや切り替えしのためのリバースギアもあります。ほぼ車ですね。

f:id:hide69oz:20180709073400j:plain

で、たっぷりの収納。これでも収納が少ないモデルのようで、トップケースが付いているモデルもあるようです。ヘルメットもフロントトランクに完全収納可。
パワーユニットはエンジン屋・ロータックス(BRP)製の1300cc3気筒で、パワーも申し分なさそうです。

f:id:hide69oz:20180709073151j:plain

では、エンジン始動して、出発します。

ロードインプレッション

セミオートマとパワフルなロータックスエンジンで、走り出しも簡単。まずはクルマの流れに任せての走行です。で、コーナーに差し掛かって普段乗っている2輪バイクとの違いを実感。体がコーナー外側に押し出される感覚になります。考えてみれば当たり前で、バイクなら車体をイン側に傾けて(つまりハンドルはほとんど切らないで)曲がるわけですが、スパイダーはイン側に傾きませんので、乗っている人は外側に押し出されるわけです。で、そもそも曲がるにはハンドルを切らなければいけないので、このあたりは大きく感覚が違いますね。

で、ハンドリングは思いのほかクイック。ブレーキを使って前荷重をかけながらコーナーに入ると、ほんとによく曲がります。が、クイックに曲がろうとすればするほど自分は外側に押し出される感じになるので、外側のハンドルバーを押し出しながら体を支えるようなライディングスタイルになります。内輪も浮きそうになりますが、自分のコース取り、スピードでは浮くことはありませんでした。これはこれでなかなか面白いです。聞いた話ですと、これで峠道を走ると腕がパンパンになるらしいですが、確かにありそうです。

更に、バイクとの違いで大きいのは絶対転ばないという安心感。これは流しながら走っている気にはすごく効きますね。疲れ方が違います。
一方、タイヤの扁平率はクルマと同じなので、わだちの影響は結構受けますね。道はある程度フラットなほうが相性よさそうです。沖縄も良かったけど、北海道とかで長距離走ると、更に気持ちよさそう。

車体の大きさがあるので、駐車スペースは普通にクルマ用のところを使います。お店の駐車場でバックしていれていると、周りにいる人から大注目。特に子供たちの目が釘付けになりますね。ある程度慣れてきてから。追い越し加速なども試してみましたが、やはり早いですね。車重も結構あるはずですが、さすが1300cc、ゆとりのパワーでスピードが乗ります。200kmはかるく出るんじゃないかな。(出しませんけど)

今回は沖縄本島の南側を6時間くらい、海岸線を中心に走りました。沖縄はこうした足がないといけないお店が多いので、これを機に以前から行きたかった食堂やカフェにも立ち寄ってみました。

まずは海洋食堂で豆腐ンブサーを。

f:id:hide69oz:20180709062746j:plain

百名ビーチ近くの絶景カフェ、Cafeやぶさちではシークワーサードリンクでクールダウン。

f:id:hide69oz:20180709062928j:plain

ビーチにもよってみました。ピースフルですね。

https://www.instagram.com/p/Bk6yrfqhvZY/

Weekend on the beach.

これは途中のOjima Island(奥武島)で。

f:id:hide69oz:20180709064041j:plain

このアングルで撮ると、ロー&ワイドなフォルムが良くわかります。個人的には、このリアからのアングルが一番かっこいいなと思ました。

さて、帰路につきます。大半は走りやすいシーサイドロードで、クルマの流れもスムースだったのですが、クルマ社会の沖縄では都市部に近づくと結構な渋滞に遭遇します。ここで、バイクとの決定的な違いに直面します。そう、すり抜けできないんです。

もともと、自分は無理にすり抜けするタイプではないのですが、都市部では赤信号のたびに一番前に出られるのは結構なアドバンテージだったりするわけです。スパイダーではそれがまったくできません。で、屋根もありませんから、渋滞の中で強烈な日差しにさらされ続けることに。

レンタル819に返却するころには、日焼け対策していなかった腕にくっきりと日焼けの跡が。沖縄の日差しをナメてはいけませんね。

スパイダーは買いか?

さて、半日乗ってみたスパイダー、いい点もたくさんありました。その安全性や、独特な乗り味(楽しい)、そしてバイクにしては収納もたっぷりで、二人乗りもきっと快適。1300cc3気筒エンジン(ロータックス製ってだけで、自分的にはポイント高いです)もいいフィーリングです。ちなみに、スパイダーはトライクなので、普通免許で乗ることができます(大型2輪面免許不要)。推奨しませんが、法律上はヘルメットをかぶる必要もありません。

オープンエアな爽快感もあり、いいことづくめのようですが、個人的には食指は動きませんでした。その理由は、「これならオープンカーを買ったほうがいいのでは?」ってことです。

バイクとしてすり抜けができないことに加え、バンクさせながらコーナーを抜ける爽快感がないのは、個人的にはマイナスポイント。大きさ的にも、通常のバイク用ガレージには収まりません。車とおなじ保管スペースが必要になります。

スパイダーがもつオープンエア、収納性、二人乗りの快適性、などのメリットを得ようとすると、普通にオープンカーが対抗に挙がってきますね。一般にオープンカーは収納性に欠けると思われがちですが、バイクに比べれば格段に収納力あります。

お店にUSEDのスパイダーが展示されていましたが、中古で230万円とけっこうな金額。

f:id:hide69oz:20180709072247j:plain

これって、現行ロードスターの中古が買える価格ですよね。

www.goo-net.com

もちろん、その希少性やスタイル(メカ好きにはたまらない!)の良さがネガに勝つのであれば、スパイダー所有も十分ありな選択肢だと思いますが、自分的にはバイクとオープンカーにそれぞれ及ばない気がしました。その2台の良さを1台で兼ね備えると考えれば合理的ともいえますし、普通免許しかない状態であれば大型バイク的な爽快感を得る方法としてもアリだと思います。が、 自分のようにバイクの免許があってバイク自体も持っている場合だとすると。。。。

逆にいえば、所有よりレンタルでこの非日常性を楽しむのがおススメ、とも言えます。ご興味ある方は、沖縄にお越しの際にぜひお試しを。

というわけで、スパイダーに乗って、オープンカーの魅力に気が付いた、というオチでした。こんどはオープンカーをレンタルしてみよう。

 

 

 

パラレルキャリア月報 -- May 2018

5月のパラレルキャリア月報です。社内打ち合わせや、クローズドなセッションは例によって省略です。実はSSTRサンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)に初めて参加して千里浜で感動のゴールランもしたのですが、これももちろんお仕事成分がないので省略。千里浜の写真だけ掲載しておきます。

f:id:hide69oz:20180630154859j:plain

サマリー

この5月は初めて米国でのGoogle I/Oに参加したのを皮切りに、3月から仕込んでいたコミュニティリーダーズサミット in 高知、さらにAWS Summit Tokyo ではパラキャリ先のABEJAがキーノートでゲスト登壇するなど、ハイライトも多めでした。特にGoogle I/Oは、グーグルのHQ(Googleplex)の雰囲気や、Google I/Oのオーガナイズ等にも直接触れて、「グーグルらしさ」が自分なりにわかったようにも思います。

f:id:hide69oz:20180630160039j:plain

今回のGoogle I/OもAI絡みのネタが多かったですが、一番のインパクトはやはりDuplexですよね。こちらのブログでも書いた通り、チューリングテストをパスするレベルのものだと思います。この夏には、Duplexの実テストが開始されるようですね。日本語でも早く触れるようになることを期待。

www.itmedia.co.jp

また、5月18日~20日の3日間は、高知に全国から(もちろん高知県内からも)コミュニティリーダーを集めて、カツオを楽しむ。。。いや、コミュ二ティの力をアピールする「コミュニティリーダーズサミット in 高知(CLS高知)」を開催。自分は、こうしたゼロからイチを作る企画が好きなんだなと実感した次第。「難しい」と周りから思われていることをやり切るのは楽しみでさえあります。CLS高知については、こちらのブログに思いやアーカイブをまとめていますので。よろしければぜひお読みいただけると。

stilldayone.hatenablog.jp

stilldayone.hatenablog.jp

そうそう、5月17日は、パラレルキャリア先であるオンライン決済プラットフォームであるStripeでJCBカードが利用可能に(これに付随してJCB経由でダイナースとディスカバーも対応可能に)なりました。利用者の方々の声はこちらの #JCB待ってたハッシュタグでもご確認いただけます。もともと、Apple PayやGoogle Pay、Alipay、WeChat Pay等で先行していたStripeですが、主要クレカブランドにすべて対応した(しかも料率は*最大で* 3.6%)ことで、かなり盤石な体制になったのではと思います。写真はStripeオフィスでの記者会見の際の、JCBの方と、Stripe COOのクレア、Stripe Japan 代表のダニエルとのフォトセッションの模様。

 

f:id:hide69oz:20180630161947j:plain

関連記事はこちらで。

japan.cnet.com

登壇ログ

5月の登壇ログはコチラ

JP_Stripes Contributers Day (5/12) [Stripe]

全国10都市に展開した、Stripeのユーザーコミュニティ、JP_Stripes の各地のリーダーや登壇者の皆さんと、今後のコミュニティ活動の方向性についてオフラインで討議しました。ある程度、全国にコミュニティ活動が広がったときは、こうやってリーダー同士で考え方のキャリブレーションをしたり、今後のステップについてマイルストーンの共有をしたりするのは効果的です。全国規模のコミュニティを運営している方は、こうした会を持ってみるとよいかと思いますよ。

JP_Stripes にご興味ある方は、Facebookグループにもぜひご参加を。

www.facebook.com

CMC_Meetup Tokyo Vol.9 (5/15) [CMC_Meetup]

東京では9回目となるCMC_Meetup、今回は「円形ステージ」で有名なDEJIMAさんでの開催でした。

togetter.com

CMC_Meetup for B2C キックオフ(5/17) [CMC_Meetup]

CMC_Meetup 初の B2Cにフォーカスした会合。キックオフでは、プレゼンではなくディスカッション主体で参加者のコンテキスト固めができたと思います。

レポートはコチラを。

note.mu

CMC_Meetup in 高知 Vol.2 (5/18) [CMC_Meetup]

CLS高知のプレイベント的に、高知で2回目となるCMC_Meetup を開催。佐川町の堀見町長によるホワイトボードプレゼンが圧巻でした! 私のスライドはコチラを。

www.slideshare.net

コミュニティリーダーズサミット in 高知(5/18~19)

3月から高知県庁の有志の方々や、高知県内外のコミュニティリーダーの方々との共同で準備を進めてきた結果、素晴らしい3日間になりました。集まった方々によるアウトプットも下記の通りなかなかの数に!

  • メディア記事:4本
  • 参加企業のブログ:3本
  • 参加者のブログ:12本
  • 公開資料:10本
  • ツイート数:1,100以上

そして初ガツオも美味しかった!

f:id:hide69oz:20180630163839j:plain

次回は戻りガツオの時期:10/13(土) に開催予定です。Save the Date!

私が進行したパネルの進行スライドはコチラ。

www.slideshare.net

INEVITABLE ja night #4 (5/23) [Still Day One]

Googleさんと定期的に開催している IBEVITABLE ja night の4回目。今回は元Cerevo、現Shftallでパナソニックグループに「出戻り」された岩佐さんとVUIについての対談でした。進行スライドはコチラ。

www.slideshare.net

当日の内容含め、VUIについての考えは、こちらのブログもご参照ください。

stilldayone.hatenablog.jp

GPU Deep Learning Community #8 (5/24) [ABEJA]

マクニカさんが運営サポートしている GPU Deep Learning Community をABEJAの新オフィス(白金高輪)でホストさせていただきました。こうしたAI絡みのミートアップであれば、場所のホストをABEJAでも進めていきますよ。ご興味ある方はご連絡を。

gdlc.connpass.com

会場はこんな感じです。

f:id:hide69oz:20180630164807j:plain

その他、メディア掲載

ascii.jp


番外編:You are what you eat :-)

サンフランシスコにて

f:id:hide69oz:20180630170539j:plain

麻生十番にて

f:id:hide69oz:20180630170719j:plain

高知にて

f:id:hide69oz:20180630170901j:plain

高知にて

f:id:hide69oz:20180630171001j:plain

六本木にて

f:id:hide69oz:20180630171124j:plain

金沢にて

f:id:hide69oz:20180630171203j:plain

サブスクリプションビジネスの「ターボ」:コミュニティとカスタマーサクセス

5月のCMC_Meetup Tokyo Vol.9にカスタマーサクセスの伝道師:岡田奈津子さんに登壇いただいて以来、カスタマーサクセスとコミュニティの関係についていろんな会社やポジションの人と話す機会がありました。その中で、なぜこの二つがXaaS系の「サブスクリプションビジネス」に重要なのかを考えていたのですが、サブスクリプションのターボのような存在だと確信してきたので、自分なりに言語化してみるとこにします。

※写真はイメージです。

f:id:hide69oz:20180629082953j:plain

出典:CarShowroom https://www.carshowroom.com.au/news/new-patent-tells-of-engine-with-a-turbo-for-each-cylinder/

事例:AWSにおけるコミュニティとカスタマーサクセス

まず、コミュニティとカスタマーサクセスがどのように機能していたか、サブスクリプションビジネス(従量課金ですが、モデルとしては間違いなくサブスクリプションです)では自分の在籍期間が一番長いAWSを例にファクトを見てみます。

私の在籍時には「コミュニティマネージャー」というポジションはAWS(ジャパン)にはありませんでたが、そのロールは一人マーケ時代の私や、歴代エバンジェリストの人が担当してきてJAWS-UGというコミュニティが出来上がっているので、ここは機能していたといえるでしょう。余談ですが、JAWS-UGの昨年(2017年)の活動実績は

  • 勉強会開催数:約260回
  • のべ参加人数:約9,300名

と、まさに自走するコミュニティの鏡と言える規模に成長しています。

もう一つの「カスタマーサクセス」についてはどうでしょう? 私が在籍中(2009年12月~2016年8月)のAWSには実は「カスタマーサクセス」というポジションは存在していませんでした。先日関係者に確認したところでは、2018年6月時点でもポジションや部署としては存在していないようです。では、「カスタマーサクセス」無しで、AWSクラウドサブスクリプションビジネスで今のような大きな市場シェアを取ることができたのでしょうか? 答えはもちろんNO。ちゃんと「カスタマーサクセス」を実行できる人やチームがいたのです。

「腕っぷしの強い営業」を採らなかったAWS

その中心となっていたのは、通常のサポートチームに加え、「営業」と、そこを技術的に助ける「SA(ソリューションアーキテクト)」のコンビネーションでした。それまでの(特に外資IT系全般の)良い営業像とは売り上げを上げられる人を指し、ハードウェアやソフトウェアライセンス等の売り切り系の製品の場合は、お客様が「使い始める」までが勝負でした。なので、導入後にハードやソフトがどれだけ使われるかには関心がいかない(もう代金は回収してしまっているので、当たり前といえば当たり前)構図となります。一方、AWSの場合はどうだったか? いくらお客様がEC2やS3を「使う」と言ってくれても、その時点では1銭にもなりません。実際にアプリケーションやサービスがAWS上で稼働し、その規模が大きくならないと(少なくとも継続利用されないと)売り上げが上がらないのです。そうなると、ワンショットでの導入金額ではなく、MRR(月々どのくらい使っていただけるか)や、LTV(どれだけ長く、たくさん使っていただけるか)でしか評価されません。となると、お客様のAWS導入プロジェクトや、AWS上で展開するビジネスが「成功」しなければ、MRRもLTVも上がらないので、営業とSAのチームは、お客様と伴走する力が重要になるわけです。

これは営業的には大変な仕事です。なぜなら導入を開始したお客様が増えれば増えるほど、「伴走」しなければいけない相手も増え続けるから、です。その一方で、新たなお客様の開拓もしなければいけません。そのためにはお客様に早く成功していただき、「自走」を促さなければならない。場合によっては、一時的に売り上げが下がっても、お客様に長く使っていただくために、よりコストの安い構成を提案することも日常茶飯事(AWS Trusted Advisor はこれがサービス化したもの)です。これらの活動は、いわゆる売り切りタイプの営業には向かないスタイルです。なので、私がAWSの営業ポジションの採用にも深くかかわっていたころは、「一発大きな契約をまとめる」方向に走りがちな腕っぷしの強い営業より、お客様と伴走できて、自走をお流せるタイプの営業の方を採るように心がけていました(もちろんそれだけでは採用になりませんが)。

逆に言うといわゆるライセンス売り切りと、クラウドサブスクリプションを、同一の営業が同一のお客様(やマーケット)にするという体制は、私の経験からはかなり難しいように思います。

スケールするために営業とカスタマーサクセスの機能を分ける

上記のように、お客様と伴走できるタイプのサブスクリプションビジネスにあった営業チームをそろえ続けるのも一つのモデルですが、そうした人材が無尽蔵にいるわけではないので、どこかで伴走の部分を分けたほうが、組織的にはスケールしやすくなると考えられます。おそらく、ここが「カスタマーサクセス」という部門やロールに急速にスポットライトが当たり始めている背景かと思います。

カスタマーサクセスの組織に求められること、については、岡田先生のこちらの資料に一度目を通すとよいかと思います。

www.slideshare.net

このプレゼンがあったミートアップの内容はコチラを。

togetter.com

レポートもあります。

backlog.com

詳しくは資料やツイートを見ていただくとよいのですが、カスタマーサクセスにとって重要なポイントを5つあげるとすると

  • カスタマーサクセスは顧客と「伴走」しても良いが、「代走」してはいけない。なぜなら最終的には顧客に「自走」してもらう必要があるから
  • カスタマーサクセスは「受け身」ではできない。顧客に「先回り」する力、体制が必要
  • カスタマーサクセスのKPIは契約継続率(売上数字は営業のKPI)
  • カスタマーサクセス対象の顧客効率的にカバーするために、ハイタッチ・ロータッチ・テックタッチの3つに分類(テックタッチでボリュームゾーンをカバーできることが前提)
  • カスタマーサクセスは経営側のコミットが重要(XaaSビジネスは特に)

あたりに集約できそうです。

ちなみに、「ウチにはもうカスタマーサクセスの組織があるよ」という方、スライド内の「カスタマーサクセスが陥りやすい課題4選」に眼を通してください。

f:id:hide69oz:20180622122716p:plain

①知見の俗人化:カスタマーサクセス担当がやめると顧客もやめる問題。→チームや仕組みでの対応必須
②業務の肥大化:特に東京は顧客に「会いに行ける」距離なので、ついつい会いに行ってしまう→スケールしない。テックを使おう
③組織の形骸化:カスタマーサクセス部門の名前がついていても、実態はカスタマサポートだったり、KPIを持っていなかったり、営業の下にカスタマーサクセスがついていたり。→名が体を表す体制に
④方針の迷走化:発生場所は経営より ←うむ案件

けっこう当てはまる組織が多いと思いますよ。

コミュニティマーケティングがカスタマーサクセスを必要とする理由

コミュニティマーケティングについては、自分のAWSでの経験をもとに、この3年ほどいろんなところでお話してきました。2016年に立ち上げたコミュニティマーケティングを考えるコミュニティ= CMC_Meetup のFacebookグループには、今や1,200名を超える方が参加いただいていますし、わかりやすい解説がマンガになるほど認知が上がってきています。

webtan.impress.co.jp

このコミュニティマーケティングを始める上で、欠かせないのが「ファン」の存在です。いろんな会社でコミュニティマーケティングを始めたいという相談を受けるのですが、思いのほか「ファンが見つからない」「ファンの育て方がわからない」という問題に直面することが多いです。実は、このファンを効率的に作りだす仕組みが「カスタマーサクセス」であると理解すると、コミュニティマーケティングとカスタマーサクセスが深い関係にあることがわかります。

AWSにはカスタマーサクセス部門はありませんでしたが、初期の営業+SAのチームがカスタマーサクセスを実行してくれていたおかげで、継続的にAWSのファンが生み出されていたという事実があります。で、このファンの人たちがコミュニティの1st ピンになることによって、コミュニティ活動が加速されるという関係性にありました。この仕組みをコピーしようとするのであれば、カスタマーサクセス部門がファンを量産し、コミュニティマーケティング担当者が、ファンを起点にコミュニティ拡大を図るという体制を作るのがもっとも効率的だと思います。

熱量の高いファンが、コミュニティを通じて見込み顧客に対するデマンドジェネレーション(自分ゴト化)を活発に行うことで、その後の新規顧客獲得をスムースにしたり、既存顧客に対してより良いユースケース紹介することで、クロスセル、アップセルの促進やチャーン防止を進め、MRR、LTV拡大に寄与するようになります。ちょうど排気ガスを利用して出力向上を実現するクルマのターボエンジンのようにマーケティングファネルの途中に過給機が付いているイメージ。図にするとこのようなモデルになりますね。

f:id:hide69oz:20180629073855p:plain

コミュニティとカスタマーサクセスの「ターボ効果」

実際XaaSのビジネスをしている会社を見てみると、コミュニティマーケティングとカスタマーサクセスの両方の機能を備えていないところもまだまだ多いようです。その場合、従来のマーケティングファネル主体で案件化を進めることになりますが、売り切りビジネスと同様のファネルだと、サブスクリプションでもっとも重要なKPIであるチャーン防止も、カスタマーサクセスの助けなしで取り組みことになります。また、カスタマーサクセスがいないと、前述の通り「ファンが見つからない問題」に直面することも多そうです。結果、ターボのないエンジンと同じで、サブスクリプションビジネスの加速力に大きな差が出ると考えられます。

www.youtube.com

コミュニティとカスタマーサクセス、この二つの機能の連動がもたらすターボ効果は、サブスクリプションビジネスにおいて、とても有効だと思います。サブスクリプションビジネスのオーナーには、このターボの導入検討をおススメします。

 

 

【アーカイブ】CLS高知(2018/05/19開催)関連のアウトプット一覧

2018年5月18日(金)~20日(日)にかけて高知で開催された コミュニティリーダーズサミット in 高知(CLS高知)のアウトプットが、ありがたいことに開催1か月を過ぎても続々と出てくるので、そのアウトプットをアーカイブできるページを用意しました。

先日書いたブログの補完的な位置づけです。

2018年6月21日 6月25日 7月13日  現在の数的なアウトプットは以下の通りです。

  • メディア記事:4本  5本  
  • 参加企業のブログ:3本
  • 参加者のブログ:10本 12本
  • 公開資料:10本
  • ツイート数:1,100以上

CLS高知・当日のアジェンダ

eventregist.com

関連情報が掲載されるFacebookページ

高知県コミュニティサポーターズ - ホーム | Facebook

メディアによるカバレッジ

4本(2018年6月20日現在)

 <ITメディア>

www.itmedia.co.jp

<ASCII.jp>

ascii.jp

<ASCII.jp>

ascii.jp

<ASCII.jp>

ascii.jp


<ニコニコニュース>

news.nicovideo.jp

参加企業によるカバレッジ

3本(2018年6月20日現在)

<イベントレジスト>

info.eventregist.com

<ビッグビート>

www.bigbeat.co.jp

<ビッグビート>

www.bigbeat.co.jp

登壇者・参加者によるブログ

10 12本(2018年6月20日 6月25日現在)

<落合さん (関東からの参加者)>

www.kissandcry.me

<大橋さん (関東からの参加者)>

blog.mamohacy.com

<大泉さん (関東からの参加者)>

medium.com

<山下さん (関西からの参加者)>

www.yamamanx.com

<坂上さん (キックオフパネル登壇者)>

note.mu

<松浦さん (グループ討議ファシリテーター)>

medium.com

<四宮さん (LT登壇者)>

note.mu

<四宮さん (LT登壇者)>

note.mu

<北川さん (LT登壇者)>

makikomitiger.com

<沖さん (LT登壇者) >

blog.r3it.com

 

<片岡さん (運営チーム)>

CMC_MEETUP IN KOCHI と コミュニティリーダーズサミット開催までの舞台裏https://yukataoka.wordpress.com/2018/06/20/cls/

f:id:hide69oz:20180625154341j:plain

<小島(運営チーム)>

stilldayone.hatenablog.jp

  <小島(運営チーム)>

stilldayone.hatenablog.jp

登壇者スライド 

公開資料:10本

<キックオフパネル進行スライド>

www.slideshare.net

 <田名辺さん(北海道の楽しい100人/半農半IT事業者)>

speakerdeck.com

 <北川さん(JAWS-UG神戸/関西大学)>

speakerdeck.com

<四宮さん(地域クラウド交流会/ジョイゾー)>

www.slideshare.net

 <中山さん(リモートワークジャーニー/ネオラボ)>

www.slideshare.net

 <さん(kintone Café 愛媛/アールスリーインスティテュート:愛媛)>

www.slideshare.net

<小林 さん(Agile459/シーマイクロ:香川) >

www.slideshare.net

< 宇都宮さん(TECH LAB PAAK/SHIFT PLUS:高知)>

www.slideshare.net

< 竹﨑さん(コリビングスペースOUCHI/高知大学:高知)>

www.slideshare.net

<武市さん(土佐高同窓生交流会/集合写真家:高知)>

www.slideshare.net

 

ツイートまとめ

ツイート数:1,100以上

togetter.com

※最終更新:2018年6月21日 6月25日